上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--_--_--


今年も残り僅か、なんとか一年間を過ごすことが出来そうです。

ほんとに大変な年でした、この世界に生きることが奇跡と同時に

とてつもない事なのだと思わずにいられない年でした。

地震や洪水、たくさんの方々が今も辛い思いをされてます。

僕は現在、東京市部の方に住んでいるので地震や洪水の被害もなく

暮らすことができています。

でも今年は、僕にとってひとつだけとても悲しい事がありました。

それは家の4頭のにゃん子達の母親のガルが亡くなってしまった事です。

今までの人生の中でこれほど悲しかった事はないかもしれません。

こんな事を言っていいのかと思われるかもしれませんが、身内を亡くした時よりも

悲しく、辛かった、それが正直な気持ちです。

しかし、こんな様々な辛く悲しい事は来年は起きないようにしたい。

そして自分の辛く悲しい過去はふりむかない様にしたい。

寺山修司さんの詩のように・・・

ふりむくな ふりむくな

後ろには 夢がない


なので来年の抱負は、ふりむかない!

前へ、前へ、進んで行きましょう、夢に向かって。

馬はふりむかないんだってさ、、、
P1000123 (500x375)

悲しい時は泣いちゃうのよ
P1000120 (500x375)

ふりむかない人なんて居ないんじゃない?
P1000131 (500x375)

むっふ~ん^^
P1000125 (375x500)

ふりむくな ふりむくな

ふりむけば ただ哀しいだけ

寺山修司さん、浅薄な僕をお許しください・・・。
スポンサーサイト
2011_12_30


宅録でございます、10年ほど前だったかな?録ったのは。

ボサノバに憧れボサノバ風にしたかった曲です。

この頃は、ボサノバの曲を歌った事も演奏した事もなく、小野リサさんと

ゲッツジルベルトのアルバムを聴いてたくらいでほとんどイメージだけで

作った感じでした。

なんか、ふつーな曲になってます。

アップしましたので、お暇でしたらどうぞ。。。





2011_12_26


クリスマスなので特別編!!

ニャニャニャウ、今日はマルコのギターメンテナンスをご紹介いたします。

マルコ流で御座いますので、皆さんは決してマネしないでくださいね^^w

それでは、師匠おねげーしやっす。

「かまわねーよ、、、」

ギターはバランスが命さ、
ボディーにばかり気を取られてちゃいけねーよ、
重要なのは弦なのさ。
こ、、これはいかん!
P1000118 (500x375)
弦が乾燥しているじゃねーか、
素人はやめときなよ、ペロリ、、
程よい湿気を与える事によって音がソフトになるのさ。
ペロン、、、
P1000114 (500x375)
うん、いい香りがしてきたぜ。
これだよ、こうじゃなきゃいかんのだよ弦は。

P1000113 (500x375)
いいね~蘇ったよ音が、
弦の張り具合も最高だぜー。
一丁上がり!どうだい、ためんなったろ?

P1000119 (500x375)

ありがとうございやした、マルコ師匠!

以上、マルコのギターメンテでした^^w



2011_12_24


マルコです、僕の膝の上で眠っております。

ちょっと重いですw
P1000106 (375x500)

そして、、、

また懲りずに埋もれていた曲をアップさせて頂きました。

この曲はローランド、18トラックのMTRでKORGのアナログシンセと(真空管が搭載されたやつ)

アコギで録音しました。

ボーカルはベリンガーのコンデンサーマイクを使用しました。

詞の内容が少し?変わってると思われますが、一応テーマの在るものでございます。

お暇でしたら聴いてやってください^^。



ぜんぜん懲りずにまたアップしちゃいますね。
2011_12_20


今日は昼間の日差しが暖かかったですねー。

外で歌う予定がダラダラしているうちに夕方になってしまい、

クラブW杯を観ないとな~、、などと不届きな事を企み結局

路上へは行かずじまいでした。

来週は必ず路上ボッサやるぞー、寒いなんて言ってられない!

しかし、寒くてもにゃん子達は元気なんですw。

寒い日はもぐるのよ。
DSC02152 (500x333)

カレン行儀が悪いわよ!DSC02117 (500x333)

あ~、おいしいラーメン食べたい
DSC02139 (500x333)

なんでやねん・・・w
DSC02118 (500x333)

最近ベベウは食いしん坊なんです。

また過去の作品をアップしようかな^^。
2011_12_19


毎日にゃん子達にお留守番お願いしてます。

いつも何事も無くお利口に僕の帰りを待ってくれるのでとてもありがたいです。

先月、母さんネコのガルがお星様になってみんな寂しい様子ですが、兄妹寄り添ってがんばってます。

おかえり^^
DSC02107 (500x333)

きっとお母さんとずっと一緒に過ごしたからでしょうね、みんな優しい子に育ちました。

人見知りなのは僕に似たのかも・・・w

母親と過ごす時間は人の子も子ネコも子犬もすべての動物達にとって、とてもとても大事なことなんですね。

おかえり~ まだねむいよ~
2011121219130001 (500x375)

いつもお利口ににゃん子達がお留守番してくれてるのは、ガル母さんが一生懸命

この子達を育ててくれたおかげです。


2011_12_12


ポール・オースター著 ティンブクトゥはミスター・ボーンズ(犬)と

その飼い主、放浪の詩人ウィリーとの旅路を描いた物語です。

ウィリーの命が長くない事をミスターボーンズは知っている。

ウィリー自身も長くはない事を知っている。

ミスター・ボーンズにとってウィリーはかけがえの無い存在で、

ウィリーにとっても同じなのです。

だからこその旅なのですが、その先には様々な出会いと別れが待っています。

そして、ティンブクトゥとは?

僕はこの本を読み終えた後、涙が溢れていました。

DSC02108 (500x333)

この物語の登場人物、放浪の詩人ウィリーの詩が作中に出てくる場面があります。

きっと何かに気付かされる詩なのでちょっと紹介します。

「生きるための三十三則」の書き出し
  ~ウィリー・G・クリスマス~

世界の腕のなかに飛び込むがいい

空気が君を抱いてくれるはず。尻込みしたら

世界が君を 背後から襲うだろう。

すべてを投げ出し 骨たちのハイウェイを行け

君の歩みの音楽に従え、明かりが消えたら

口笛を吹くな 歌え。

目をずっと開けていると、かならず迷子になってしまう。

シャツなどくれてやれ、黄金もくれてやれ

真っ先に出会った他人に靴もくれてやれ。

無から多くが生じるだろう

君がジルバワルツを踊るなら・・・・・・

世界が君を 背後から襲うだろう
DSC01668 (500x333)

すべてを投げ出し 骨たちのハイウェイを行け
DSC02106 (500x333)

無から多くが生じるだろう 
DSC02083 (500x333)

君がジルバワルツを踊るなら・・・・・・
2011120401470000 (375x500)

家のネコ達も詩人です。
2011_12_08


寒い時、家のにゃん子達は布団の上で寝るんです。

布団の上に毛布を敷きます、こうするとにゃん子達も心地が良いようです。

マルコ カレン ベベウ^^
P1000021 (500x375)

中には布団の中にもぐって来る子も。

ピアフ~!
P1000017 (375x500)

家のにゃん子達は子猫の時から寝るときは布団の上なんです^^;

画像はこの子達が六ヶ月くらいの時のものです。
画像-0063

でも、僕の寝るスペースがとても狭くなるんです。

さすがに成猫四頭も来られたらね~w
2011_12_01


11  « 2011_12 »  01

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

~ヒデアキ~

Author:~ヒデアキ~
ネコとボサノバは如何?

愛しいネコたちと共に暮らしてます。
人生に幸せを与えてくれるものが此の世に二つ在るとしたら、
それはネコとボサノバ。
                                                       


カレン♀2009 8/22
ベベウ♀2009 8/22
ピアフ♀2009 8/22
マルコ♂2009 8/22

月のオルフェ

ブログランキング

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム




page
top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。